仕事と介護の両立のための助成金

ここでは、介護と仕事の両立に使える助成金についてご説明していきます。

2016年度新たな助成金として、介護支援取組助成金がスタートしました。
こちらの制度は全業種が対象で、介護による離職を防止することができます。

今後、少子高齢化が進むにつれて、ますます重要になってくる取組となりますので、是非ご検討いただければと思います。

介護支援取組助成金

支給額

1企業1回のみ60万円

 

主な支給要件

以下の全ての取組を行った場合に支給対象となります。

①従業員の仕事と介護の両立に関する実態把握(社内アンケート)
②制度設計・見直し(介護関係制 度について、法律を上回る制度を導入)
③介護に直面する前の従業員への支援(社内研修の実施、リーフレットの配布)
④介護に直面した従業員への支援(相談窓口の設置及び周知)
⑤働き方改革(年次有給休暇の取得促進、時間外労働時間の削減)

※平成28年6月24日(金)から支給要件の一部が見直されています。
(②、⑤が要件として追加されています)

上記①~⑤の実施に当たっては、必ず厚生労働省が指定する様式を使用すること。

受給事例

概要

従業員が1,000名の生活用品卸会社で、介護支援取組を実施した場合

内容

・社内アンケート、研修、リーフレットの配布、顧問契約している社会保険労務士による相談窓口を設置

・アンケート、研修、リーフレット等様式は全て厚生労働省が指定するものを使用

助成額

60万円


助成金の無料相談・お問合せはコチラ 0283-27-2677
どのような助成金がもらえるのか?無料助成金相談実施中!どのような助成金がもらえるかわからない方のための無料サービス

助成金の基礎コンテンツについてはこちら

中小企業のための助成金一覧はこちら 創業、人材採用、教育研修、育児、介護休業、パート活用業種別など色々な助成金がありますので、一覧からどうぞ
PAGE TOP