長時間労働を助成金で削減しませんか?

長時間労働・過重労働を止めたくありませんか?

現在、長時間労働・過重労働が続いて、疲労による睡眠不足から交通事故に繋がったり、最悪の場合「過労死」に至っている例が既に出始めています。

従業員の過労死が発生した場合、人材の消失から労働力の低下に繋がります。

また、過労死事件が企業に与える影響は非常に大きく、企業側には多額の損害賠償義務を負う可能性があるとともに、企業イメージの悪化に伴う業績悪化の恐れもあります。

そのようなリスクを無くすためにも従業員の健康確保とワーク・ライフ・バランスについて考え直してみませんか?

 

大企業はもう既に動き出しています!


実際にもう既にトヨタでは、自由な働き方を認め「脱時間給」の要素を現行法の枠内で先取りする新制度を労働組合に提出しました。

この制度案により労働時間については、元々1日9時間だったものが自分の裁量で決められるようになり、所定労働時間を守っていれば週に2時間以上出社すればよく、在宅勤務も可能となっています。

過重労働を防ぐため健康管理にも配慮しており、一定の超過勤務で健康診断を受けさせるだけだったものが、対象者には夏季休暇や年末年始などの連休以外にも平日5日連続を含め20日間の年休取得を義務化しました。残業時間が一定水準を超えた場合には健康診断も受けさせるとの事です。
トヨタ、裁量労働を実質拡大 一定の「残業代」保証

助成金なら解決できます!

ただ上記のような制度改変にはお金がかかりますし、中小企業にとって資金調達は難しいですよね。

それを解決するのが、職場意識改善助成金(勤務間インターバル制度導入コース)。

勤務時間の設定で最大50万円の補助が出ます。


助成金は制度が変更されることもございます。また、予算がいつ終わるかわからないので、導入をお考えの場合はなるべく早く栃木助成金相談センターまでご相談下さい。

人事労務の専門家である社労士事務所として、最適な助成金の活用方法をご提案致します。

コラムの最新記事

助成金の無料相談・お問合せはコチラ 0283-27-2677
どのような助成金がもらえるのか?無料助成金相談実施中!どのような助成金がもらえるかわからない方のための無料サービス

助成金の基礎コンテンツについてはこちら

中小企業のための助成金一覧はこちら 創業、人材採用、教育研修、育児、介護休業、パート活用業種別など色々な助成金がありますので、一覧からどうぞ
PAGE TOP